高視聴率だった99.9の後を引き継いだ二宮和也主演のブラックペアンですが、なかなかに血がドバドバ出る迫力の手術シーンが多くて2話を見逃ししまいました。
その状態で3話を見たのですが、相変わらず竹内涼真は良心の塊だし、小泉孝太郎も真面目そうだし、趣里は猫っぽいし、配役が最高にはまってました。

その中でも、やっぱり主役の二宮和也の存在感たるや。
あんなに嫌味言ったり怒鳴ったりしてるのに、ふと笑ったりする時の顔がなんとも言えず魅力的でズルイです。
さすがアイドル。

ブラックペアンは何度も映像化されているチーム・バチスタやジェネラルルージュに出てくるキャラクターの若かりし頃の物語なので、後にこの人がああなるのかぁと想像しながら見るのも楽しいです。
特に不定愁訴外来をやることになる田口先生の役者さんがものすごく田口先生ぽい!
今までで1番田口先生ぽくて何年か後にこのキャストでジェネラルルージュとかやって欲しいなと思うくらいです。
二宮くんの役はこのドラマで終わりだった気がするので、まさに悪魔的な姿を毎週目に焼き付けたいです。キレイモ パックプラン 分割