ちょっとした畑の余剰にほうれん草を撒いていたのですが、なかなか発芽せず、発芽した存在も伸びずに引き続き狩れてしまいとうとう根絶してしまいました。
近くにある小松菜とリーフレタスはすくすくと育っているので水切れや肥料切れというわけでもなさそうで、どうも地面の酸性たびがほうれん草の制限近くの様です。
深刻に相談なのはほうれん草だけなので今すぐに中和という目的にもいかず、とりあえずは酸性もいただけるリーフレタスを繰り返すについてにしますが、とにかくくやしい。

地面の酸度は試薬などで簡単に測れますが、そこまで扱うものでもなく、なかなか嬉しい金がするので使った事がありませんでしたが、ここまで上手くいかないこともあるという事が解ってほんのり奪取を考えなければいけません。
まず秋になって夏季の野菜が主流終わったら、石灰で中和しないといけないという家族に伝えました。
残余が空くと気がついたら何かが埋まってるのが住宅。
冬にほうれん草は予め食べたいので、忘れないようにしなければいけません。ミュゼ 予約